20代にホームステイをして、大いなるカルチャーショックを受けた。大袈裟すぎるが、各ブログサービスごとのカルチャーの違いを知ると似たような発見がある。私は「はてなブログ」で書き始めてあと2ヶ月で2年。「はてなブログ」は、ただの仮住まいのつもりだったが、暗にその影響は受けているし、それが続くと、当たり前になってくる。その視点を外すのが、外部との接触だ。それに相当するのが、別のブログサービスに移るとか、公開の場であるブログ村、ブログランキングへの参画であろう。


この頃の私のサイトのアクセス元は、Yahoo検索の次に「ブログ村」からが増えて、No.2の位置は一定してきた。下図データの内訳では、「はてな」で、6日前の小保方さん案件の論文書きの苦悩の記事で瞬間風速があり2番目に多いカテゴリーだが、そのうち少なくなり、抜かれるだろう。 

それでも総アクセス数の内訳の数が理解できない。私の観察する所によると、ブログ村でも「注目記事」に載るとアクセス数は増えるようだ。私の記事は、はてなプログでは載らないが、そちらでは何度か掲載されている。いろいろと想像して、仮説を立てる。その仮説が正当でありそうだと、まだ現役の場で通用するかも知れない?と愉快であるが、このあたりの探索行動はまだ続く。

 

はてなブログでのアクセス元の内訳

f:id:Miketoy:20140316081948j:plain「シニア」と「エコ」というニッチな分野に焦点を当てるべく、ブログ村へ多少シフトして、ターゲット層をつかむという私の戦略はあたった感がある。 そうした中で、ブログ村で「セミリタイア」というライフスタイルのグループがあった。昨日に十数人のランキング上位者のブログを見てみたが、私と価値観の合いそうな人たちばかりで、一つひとつがとても面白かった。この分野のブログは激戦だということは、私と似たようなライフスタイルの人も決して少なくないのかも知れないと思い、嬉しく思った。