f:id:onigahi:20160829011804j:image

 

映画行くたびにCMが流れてるので、気になってしまい、ついに本日言って来ました!!!!

 

本当は初日に行くつもりだったのに、仕事で行けなくて…

今日ようやく行くことが出来ました!!!

 

今調べたら、始まってから27日までの二日で

観客動員数59万人

興行収入約7億7000万

 

(内訳26日:3億4800万、27日:4億2200万)だそうです!!!

 

すごいな…さすが前評判がいいだけのことはありますね!!

 

ということで内容をぼちぼち書いていきたいと思います

 

 

どんな内容?

 

ざっくりあらすじを言うと、

田舎の暮らしと風習にうんざりしていた三葉

「来世は東京住みのイケメン男子にしてくださーい!!」

と願ったら、

 

東京に住む瀧と本当に週に何度か入れ替るようになってきて、

なんやかんや生活していくことになる。

 

という感じでした。 

 

最初はよくある男女入れ替わり物で、

私は見ながら

 

(女入れ替わり物の青春物語かー

最後にあいに行く話なのかな〜)○。(・_・ )

 

 

と思ってたら

いやはや…まさかそんな展開が待っていようとは

 

序盤では全く予測できませんでしたわ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まぁ…強いて言うのであれば

 

CMで「このままだと危険だ!!」

みたいなニュアンスのセリフの後彗星が落ちる映像があって。

え?なに?SFなの?

 

とは思いましたけどね。

 

あのCMだけではあの映像とセリフの意味は分からないですね。

 

なるほど、そういうことだったんですね。

 

いやー後半に向けてドンドン目が離せなくなる展開でした!!!

 

感想(*ネタバレ注意報!!!)

 

序盤は三葉ちゃん視点が多めだったのでこっちの子視点か〜

と思ってたら後半は瀧君しスポットが当たってましたね!

その辺りをすこし

 

田舎での生きづらさ

序盤はさっきも言いましたが、三葉ちゃんの生活が重点的でお家が神社ということで

儀式を行っていたのですが(ご神体の奉納ようのお酒)、それが噛み酒精製でした。

 

巫女さんが口に含んで噛んでから出し、発酵させて造るお酒です。

結構神聖なお酒なんですけど、三葉ちゃんのクラスメートはそれを見て引いてしまいます。

 

まぁ、思春期の学生には分からないだろうなーと思いつつ、まぁ、私も飲むかというと別問題かと思いつつ。

 

 

まぁ…難しいですな。

 

百合展開を期待したああああ!!!

 

瀧君のバイト先には憧れの奥寺先輩がいるのですが

瀧君(三葉)が女子力を発揮し、だんだんと仲良くなって行く。

 

その先輩とデートの約束を(三葉)がするのですが、デートに行く日は本体に戻ってしまったので、行くことが出来ませんでした。

 

「あーぁ、本当は私が行くはずだったのになー。」

 

といいながらボロボロ泣く三葉。

 

…え?

 

え?

 

まさかの三角関係!?え、そっちの!?

え、奥村先輩好きになっちゃったの!!!?

いや、いい女だけど!!!!

 

 

と思ってたら、矢印別だったでござる。

あ、そうだよね。デートって二人でする物だもんね。

あーそっか、どっちに矢印向いててもそうだよね。

早とちりでしたごめんなさい。

 

 

本番は瀧君視点

 

三葉視点の時も青春しててそれはそれは楽しいのですが。

重要なのはそこではなく…その後なんですよね。

 

上のデートの結果は入れ替わってから報告しよう。

と思ったが、その日以来入れ替わることはなく。

 

瀧君あいに行くことを決意

美術か建築の勉強をしている瀧君は

自分の見た風景を書き起こし、探しに行く物の…

 

実はその町は…

 

 

今回はここまでにしておきます!

この記事は(一応)まだ見てない人への記事のつもりで書きましたので(こんなに言っちゃったけど)

この先を知りたい、もしくはもう見たから語りたい!(?)って人は

次回考察記事を書きますのでその時に!

 

 

「出会うことのない二人?」

パンフレットを今回購入してみたのですが、

「出会うことのない二人が出会い、運命の歯車が、今動き出す」

とあります。

 

これ不思議ですよね「出会うことのない」

確かに普通は出会うことはありませんが、絶対に出会わないとは限りませんよね。

 

おかしな文章だな〜と、映画見るまでは思ってたのですが

見た今なら分かります。

 

そりゃ出会わないわ。

 

 

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: Blu-ray
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 

全体感想

いやーホントにもっとほのぼのな青春ストーリーかと思えば。

 

思いもよらぬ展開に驚きでした

途中日常が曲とともに早回しで御送りされ、ええーーーーー!!!

そこが見たいのに!!!

 

と思ったのですが、

 

うん、そこじゃないんですよね大事なのは。

 

今なら分かる。

 

あと、奥寺先輩好き!w

 

後半どうなるかハラハラ物でした。

もう一度あえるのかどうかとか。

 

結末がどうなったかは是非皆さんに見ていただきたいのですが。

すごくよかったです!!!

 

ぜひ、見に行ってみてください!!

 

次回考察します!!