f:id:timelost:20170619014805j:plain

6月13日 火曜日 晴れ

 授業または仕事日。学会発表用の概要とバイト用原稿、2つを出して電子化云々の話をした後、喫茶店へ。島ケルトなんていなかったんや...という問題は「学問的に証拠がない」と断言するには一般的にかなり厳しい分野だと思うが果たして。不存在を「証明する」ことは、かなり難しい。いわゆる聖書学の「モーセなんかいなかったんや」問題と同様なわけだが一度下手に膾炙して、その後アップデートされなければ、微妙な話になる印象。パンデクテンの現代的慣用ならば、まあ分かるが、こういう拙速な「最近の研究では…」は歴史学の誤用になるんじゃね説。真相はいつも闇の中…。

 友人作家を見送って、近所のバーで4時間、戦前・戦中の万葉帰りについて話して、交差点で空が青くなるまで話した。戦時の愛国者は三種類いて、ガチ・ファシストはそれゆえに粛清され、文学的に万葉返りした人々も取り締まり対象となった。そして哲学的愛国者が京都学派であった。中々に興味深い話である。眠い。

f:id:timelost:20170619015145j:plain