後輩に、とてもプログラマーとしての才能がある、出来る奴がいる。

人の10倍は飲み込みが早く、その上2倍以上の時間をかけて仕事をしているので

多分、知っていることや出来ることは会社でも1、2を争う

レベルなんじゃないかな。

 

そいつは性格も悪くなく、何かを頼めば精一杯の努力もしてくれる。

とても良い奴なのだけど……

 

たまに技術を知りたい・使いたい・完璧なものを作りたい、という欲求が発露して

工数的に間に合わないようなトンデモナイ実装方法を提案したり、

そこまで必要ない!というような機能を実装したりする。

 

わかりやすく言えば、使うのは1回こっきりの、1人日で作れそうなツールを

一週間かけて超汎用的に作ったりしちゃう。

 

また、飲み会とかで話す時、彼と話していると、

どうしても話がそこまで盛り上がらない。

 

彼はなにか話題があると、その話題に対する自分の意見を、

聴いてくれる人だけに話しだすんだな。

聴いてくれる人って、まあ俺なんだが。

 

別に話を聴くのは嫌じゃないし、ひとしきり話し終わるまで聴いているんだけど

みんなに対して話すわけじゃないので、聴き終わった時は

みんなの話題は既に別のところへ。

 

みんなと話せないことが悪いわけではないんだけれど、

その場を最大限に楽しめていないような気がするのは

俺の勝手な思い込みなのかな。

もったいない気がしてしまう。

 

 

話は変わって。

 

マックが真っ青鶏肉を使っていたことがバレた時、

マックの社長は被害者の体で会見に臨んだ。

 

それを見た日本人、殆どの人が

「何だあの態度は、被害者面しやがって」と

思ったのではないだろうか。

 

だいたい人間ってもんは、基本的に

自分に対してへりくだるものには優しく、

反抗や言い訳したり、敵対してくるものには警戒心を持って厳しく当たる。

 

日本人は島国だったこともあるのか、前者の傾向が強いように思う。

「すみませんごめんなさいボクが悪かったです」と言われると、

「しょうがねえな、じゃあ酒おごったら許してやる」という人が

他の国よりも多いのではないか。

 

そんなだから日本には、誰に謝っているんだかわからないような

謝罪会見なんかが存在する。テレビカメラの前で頭下げるアレだ。

外国の人から見たら、意味不明な行為のようだ、アレ。

 

そのような日本人(=仕事で付き合う人たちと俺)の特性がわかるようになってから

トラブル対応の時は、こちらが悪いか分からない時点でも、取り敢えず

「ご迷惑をお掛けして申し訳ございません」と言うようになった。

 

相手が悪い人間だったら、つけ込まれる原因にもなる

あまり安全ではない行為だ。

 

でも、社会人になってから今年で14年目になるが、

そういうところにつけ込んでくる人間とは一回も出会ったことがない。

 

むしろ謝らずに、妙な言い訳、例えば

「御社の環境が原因の可能性があります」だの

「OSのバグでしょうか」だの言ってしまって、

お客さんが逆上するパターンなら数多く見てきた。

例えこちらの意見が正しかったとしても、だ。

 

お客さんとしては、

金を払って作らせたシステムを使っていてトラブルが起きたんだから、

作ったやつ何とかしろ、と思うのはある意味当然な心理だよな。

 

例えそれがお客さんの操作ミスによるものだったとしても、

こちらの対応が悪ければ

「操作ミスなら操作ミスと表示しろ!」くらい平気で言ってくる。

 

逆にまずこちらが謝り、相手が逆上する隙を与えず、且つ

迅速に、懇切丁寧に対応すれば、上記の反応が

「あー、イヤナントモハヤ、すみません、私の操作ミスですね」に変わる。

 

初対面では「性格悪いなあ」と思ってしまうようなお客さんもいるけれど、

それは今までのシステム屋にいい加減な言い逃ればかりされ、

システム屋に対するトラウマが出来てしまっているからかもしれない。

システム屋っていう業務の性質上、失敗や瑕疵を認めたがらない奴多いし。

 

はじめはしょうがない。

打ち合わせの段階でも、トニカク客の仕事を聞いて憶えて親身になって。

 

そんな心がけで対応していれば、大抵のお客さんは心をひらいてくれた。

大切なのは、相手の心情を想う、気持ちの余裕。

 

相手が10言ってきた。8か9は飲める。ただ工数として2くらいオーバー。

 

お金を出して、10の要求を出して、出来上がるのを待っているのはお客さん。

2の分の時間・工数のためのお金と時間を工面できないのも、お客さん。

 

その事実をつきつけるのではなく、

「こちらの技術不足のせいで直接は叶えられないけれど、

なんとか別の方法でお願いします、選択肢は考えます」

と、相手の希望を叶えようとする姿勢を持ち続けることが

信用を得る一番の近道だと思う。

 

 

はじめに話した後輩のことだが、彼にはまだ

「相手の気持ちを思いやる」という部分が足りていないのかもしれない。

 

だから、状況によらず、自分の作りたいものを自分のやりたい方法で

実装しようとしてしまう。

だから、自分の話したいことだけを話して満足してしまう。

 

まあでも何も言わなくても、

上に上がるにつれて、こういう部分って直る人は自然に直るんだよね。

 

むしろ、直る人だから上に行ける、のかもしれないけど。

 

 

さて、彼はどちらだろう……

 

 

今描いている絵

f:id:peppe5:20141120032949p:plain

あとは小物描いてもぐら描いて背景描いて微調整して……

 

……土曜の納品のために、金曜前乗りで県外に行くとすると、今週中はキツイか。

 

ってかこのブログ、画像のアップロード制限キツすぎねえか?

これでも毎回サイズ縮小してるのに、もう96%って、

毎日絵を描いてあげてたらあっという間に容量オーバーじゃないですかやだー!

 

 

……昔の消すか。消せるのか?